Where you are:

ASUS Chromebook C223が米国アマゾンで$229、日本に輸入可能

c223

このChromebookパソコンは、コストパフォーマンスが良い一般ユーザー向けである。11.6インチサイズ、約1キロの重さ、Octane 1万のCPU能力 Intel Celeron N3350を使っている。アマゾン・グローバルシッピングサービスを使うと約3万円以内の予算で手に入る。現在、在庫が無い状態だが、発注は出来る。

私はASUS Chromebook Flip C302を1年前に購入したが、もし、購入していなかったらC223モデルを買っていただろう。CPU処理能力は、普通の使い方で十分なパワーを持っている。このモデルの良い点は、11.6インチサイズで1キロを切る重さだ。持ち歩いて仕事が十分できるパソコンになる。

ASUS Chromebook N223の販売開始で日本のChromebookユーザーが衝動買いを始めた!

コストパフォーマンスと利便性に優れたChromebook N223

約3万円で米国アマゾンから個人輸入が出来るChromebookであるため、既存のChromebookユーザーが仕事のバックアップ機として、旅行用のマシンとして、お遊びChromebookとして衝動買いに走っている。

本来ならば、私もポチリと購入ボタンを押したいのだが買いたいAcer Chromebook Spin 13が販売されていないため待っている状態だ。私が使っているASUS Chromebook Flip C302よりもCPUが弱いので仕事では使えそうにない。

気分的にHigh Powerで8G以上のメモリーでないと満足できないからだ。もし、単純にお遊びChromebookとして位置付けるならば、今すぐにでも購入ボタンを押すだろう。

ASUS Chromebook C223は、クロームブックの初心者向けでもある。価格が価格であるので失敗しても懐にそれほど痛まないし、使い慣れればそこそこ使えるからだ。Chromebookは、直ぐに起動して使えるのが特徴だ。Windows 10のパソコンのように待たされないし、OSアップデートもう数秒で終わる。

ASUS Chromebook C223は、日本でも販売されるという噂がある。価格は、米国アマゾンで販売されている値段よりは高くなることは確かだ。キーボードが日本語対応になるからだ。米国アマゾンでC223モデルを購入しても日本で保守が受けられるのが良い。ASUS 赤坂店舗で受け付けてくれる。国内で販売されれば、保守の面では100%心配ない。

多くのChromebookユーザーは、ASUS Chromebook C223の虜になるかもしれない。コストパフォーマンスが非常に良い。

この記事「ASUS Chromebook C223が米国アマゾンで$226、日本に輸入可能」のポイントは

  • コストパフォーマンスが非常に良いASUS Chromebook C223が米国アマゾンで$229、日本に輸入可能になった。
  • このモデルの良い点は、11.6インチサイズで1キロを切る重さだ。持ち歩いて仕事が十分できるパソコンになる。